痛風チャレンジ

Loosen

090-1920-2237

住所 〒822-1316  福岡県田川郡糸田町3287-1

営業時間 9:00〜19:00

ブログ

痛風チャレンジ

各症状について

2017/04/14 痛風チャレンジ

今日のタイトルは「痛風チャレンジ」です。

 

忙しくてブログを書く予定はなかったのですが

 

先ほど来られた患者さんの事を書きたくてブログを書くことにしました。

 

 

 

 

今日の出来事は・・・・

 

僕「こんにちは!今日の体調はどうですか?」

 

患者さん「いや~痛風で足が痛くて」

 

僕「あら~、そうなんですね~」

 

と言いながら、僕は心の中でワクワクが始まりました。

 

だって、痛みを楽にすることは簡単だし、難しい症状の方が楽しいですからね。

 

 

まず痛風についてお話すると

 

痛風は高尿酸血症を原因とした関節炎をきたす疾患で、尿酸が体内に蓄積すると

 

結晶化して関節に析出し痛風発作を誘発する。とwikiに書いてあります。

 

一方、東洋医学では・・・

 

長期間、脂身の多い肉、濃い味の食物、酒を摂りすぎると湿熱が生じ、脾胃が損傷して

 

運化機能(食物を変化・吸収し運ぶ機能)が失われる。

 

それが原因で「瘀血」が体内に生じ、湿熱と血瘀が互いに結びつき発症する。

 

と解釈している。

 

 

痛風は「はり治療」の手技である刺絡治療を受ければ一発で痛みが楽になるのですが

 

僕はまだ鍼灸師になっていないのでハリを打つことができません。

 

だから、手技だけでどこまで通用するか試したくなりました。

 

 

 

さっそく北京中医学大学教授の資料を参考に経穴(つぼ)を刺激することにしました。

 

使った経穴は4つ、大椎(うなじの所)、行間・太白・解谿(足部)

 

まず大椎を親指で刺激すると・・・・

 

患者さん「あれ?先生!痛みが軽くなってます」

 

僕「え~噓でしょ?」「じゃあここを押したらどんな感じですか?」

 

こんなやり取りをしながら一時間が経過し、施術のあとに聞いてみました

 

僕「来た時の痛みが10だとしたら、今はどれくらいですか?」

 

患者さん「そうですね~6くらいです!スゲ~」

 

僕が凄いんじゃなくて東洋医学が優れているだけなのですが

 

とにかく楽しく、そして貴重な経験をさせていただきました。

 

自分の技術が上がってくると、それに見合ったレベルの患者さんが増えてくる。

 

世の中って本当に不思議です。

 

それでは失礼します。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

th8eliwhob

 

 

 

 

 

 

Loosen

電話番号 090-1920-2237
住所 福岡県田川郡糸田町3287-1
営業時間 9時〜19時
定休日 日曜日