リウマチ患者さんの治療

Loosen

090-1920-2237

住所 〒822-1316  福岡県田川郡糸田町3287-1

営業時間 9:00〜19:00

ブログ

リウマチ患者さんの治療

各症状について

2018/04/17 リウマチ患者さんの治療

最近、景色が白くかすんでいますね。花粉によるものでしょうか。

今回のタイトルとは異なりますが、花粉症の症状を抑える治療

もしていますので、気になる方はぜひ当院にお立ち寄りください。

 

 

さて、本題に入っていきます。

 

先日、初診のリウマチ患者さんが杖をつきながら当院にやってきました。

 

64歳女性、4年くらいリウマチを患っており、今までいっさい薬を服用していないという。

 

何件も病院を訪ねたが、どこも免疫抑制剤を勧めてくるため、すべてお断りしていたそうです。

 

現在は佐賀県の矢山先生(医師)のクリニックで漢方薬を試していたが、それも効果がなかったそうです。

 

そんな状況の中、わたしのお弟子さんから話を聞いて当院にたどり着いたわけです。

 

その女性の願いは、リウマチを根治したいとのこと。その他に気になるのは、歩く時に足の甲がズキズキ痛むため、杖がないと歩きにくいと話していた。

 

リウマチと聞くと、なかなか根治は難しいように思われますが、この女性は「自分には治る力がある、だから必ず治る」そう力強く話していました。もちろん私もその意見に賛成です。

 

実は、この女性から電話で予約を受けた時から、いつも以上に真剣にやる必要があると感じていました。なぜなら「患者さんの声を聴いたら身体が反応するのです」。

 

だからその患者さんが来るのを「ワクワク」して待っていました。

 

会話をしているときや、患者さんに触れるとき、自分の身体にある反応がみられます。初めは気付きませんでしたが、100%の確率で当たるセンサーとして施術すべき部位を見つけることができます。

 

その話は置いといて・・・

 

その日の施術方針は、女性の身体に現れている異常を見つけること!

 

いよいよ施術開始です。

 

まず、脈診では「肝」の脈が感じられない

5623

腹診では至る所に積聚「しゃくじゅ:硬い・柔らかい・拍動」がみられました。

 

他に目立つ点はありませんでした。

 

わたしはまず、「肝」の脈を正常な状態に戻すため、腹部への施術を施しました。

 

腹部への施術を何種類か試したのですが、どれも反応がみられませんでした。

 

最後に試したのは、お腹の硬い部分に「気」を流す作業でした。

これが見事に効きました!みるみるうちに健康な人の腹に戻っていきます。

 

気?あやしい?いやいや、あなたにも出来ますよ。

 

その後、肝の脈も元気よく打ちはじめました。つまり、的確な施術を行った証拠です。

女性もすぐに、身体が軽くなっていくのを感じていました。

 

・・・後は足の甲の痛みです。経絡でいうと胆経のライン上でした。

 

これも簡単でした。

 

痛みの原因は足の甲ではなく「足の裏」にありました。これは筋膜リリースで足底を緩めるだけで、杖がなくても歩けるようになりました。

 

足の甲が痛いからといって、そこに気を取られていたら分からなかったでしょう。

痛みの原因は離れたところにあることは、よくある事です。

 

施術後、女性は「こんな治療をしてくれる人を探してた!やっと出会えた」と喜んでいました。

 

もちろん、わたしも喜びました。患者さんが元気になる姿を見るときは、言い表しようのない

うれしさがこみあげてきます。この仕事をしていて良かったと思える瞬間です。

 

いつもそうですが、これはわたしの知識とか技術とか、そういう話をしているわけではありません。誰にでもできる施術をしたまでです。

 

1回の施術でここまで変化がみられたのは、「患者さんが僕を信じてくれたこと」

 

そして「自分には治る力がある」そう患者さんが信じていたからだと思います。

 

そうじゃなかったら、うまくいってなかったでしょう。

 

諦めたらそこで全てがストップします。人生もそうですよね?

 

ある人が言いました。「解決できない問題は自分には降りかかってこない」

「その問題・悩みを解決していくことで人は成長していくのだ」・・・・・・

 

悩まず・あきらめず・我慢せず、まずは僕にご相談ください

 

 

Loosen

電話番号 090-1920-2237
住所 福岡県田川郡糸田町3287-1
営業時間 9時〜19時
定休日 日曜日