花粉症は田川のルーセンへ

Loosen

090-1920-2237

住所 〒822-1316  福岡県田川郡糸田町3287-1

営業時間 9:00〜19:00

ブログ

花粉症は田川のルーセンへ

各症状について

2019/02/27 花粉症は田川のルーセンへ

今日は花粉症の鍼灸治療についてお話します。

 

ルーセンに訪れる花粉症患者の多くは、花粉症対策として

 

①市販の抗アレルギー薬、目薬、点鼻薬

②耳鼻科や内科で上記の薬を処方してもらっている

③耳鼻科や内科で漢方薬を処方してもらっている

 

大きく分類して、この3つに分かれると思います。

 

ここで覚えておいて欲しいのは、皆さんが行っている①.②の花粉症対策は

 

鼻水、鼻詰まり、くしゃみ、目のかゆみ、など

 

表面に現れた症状を押さえつけているだけなんです

 

アレルギー反応を抑える薬にしても、アレルギー反応を起こさない体になるわけではありません。

(アレロックは体質を変える、と聞いた事がありますが、私は変わりませんでした)

 

③の漢方薬はどうでしょう?みなさん効果を感じていますか?

 

おそらく、「漢方薬を飲んでいるけど効果がない」という方もいると思います。

 

「漢方薬は効かない」という方のために説明しますと・・・

 

例えば「小青竜湯」などは、花粉症の時期になる前から服用しておかないと

 

花粉症が激しくなってからでは遅い!と知り合いの医師が話していました。

 

漢方薬の使い方をよく理解していないから、漢方薬は効かないと思ってしまうんです。

 

じゃあ花粉症になる前に漢方薬を処方してもらおう!ということになりますが

 

残念ながら症状が出ていなければ、漢方薬を処方してもらえない可能性があります。

おかしな話ですよね

 

処方するかどうかは医師によると思いますが・・・

 

 

それでは、ここから鍼灸治療についてお話していきます。

20150307_05b

 

鍼灸治療(東洋医学)ではアレルギー反応を起こしている原因に直接はたらきかけます。

 

では、いったいどのような考えで施術を行っていくのでしょうか・・・

 

鍼灸治療院のルーセンでは、花粉症の治療を行う場合、誰にでも同じ治療をするわけではなく

 

花粉症を5つのタイプに分けて施術していきます。

 

その5つのタイプと治療法とは・・・・

 

①体に湿気がこもっているタイプ(痰湿内蘊)→ 鍼で湿気を取る

②体内の湿気が熱を帯びているタイプ(痰熱内蘊)→ 鍼で痰熱を取る

③体内の血がよどみ、②の痰熱もあるタイプ(瘀血痰湿内阻)→ 瘀血と痰湿を取る

④体を冷やす力が弱まり熱がこもっているタイプ(陰虚内熱)→ 陰虚にアプローチする

⑤ストレスがあり、イライラしやすく熱っぽいタイプ(肝火内鬱)→肝火・肝鬱にアプローチする

 

「鍼で湿気を取るだと~!」・・・それが出来ちゃうんですよね

鍼灸治療ってスゴイでしょ?

 

 

この中の①以外はどれも、暑がりとか寝汗をかきやすい、などの「熱タイプ」であり

 

鍼をすることで体内の熱を冷ますようにします。だから基本的に花粉症では「お灸」はしてません

 

ここで重要なのは、なぜ体内に湿気・熱症状・血のよどみが発生してしまっているのか?

 

 

ここから先は難しい話になるので、気になる方は当院に来た際に聞いてください (;´∀`)

 

ん~・・・今回はわりと簡単なブログが書けました !(^^)!

 

 

簡単にまとめると、鍼灸治療は根本的な原因を見つけてアプローチする。ということです。

 

世間一般的に言う「根本的」「根本的」っていっても説得力がないので、少し詳しく説明しました。

 

ちなみに、鍼は顔、背中、手足の全身に行います。

あとは腸内環境を整えるための方法なども教えています

 

気になった方はお問い合わせくださいませ。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

Loosen

電話番号 090-1920-2237
住所 福岡県田川郡糸田町3287-1
営業時間 9時〜19時
定休日 日曜日