足の痺れ 手術キャンセルに至る

Loosen

090-1920-2237

住所 〒822-1316  福岡県田川郡糸田町3287-1

営業時間 9:00〜19:00

ブログ

足の痺れ 手術キャンセルに至る

各症状について

2020/03/27 足の痺れ 手術キャンセルに至る

こんにちは!久しぶりの投稿です

 

安倍総理が新型コロナに感染する夢を見ましたが

それはもう時間の問題でしょうね・・・(意味深)

 

それでは本題に入ります

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「足の痺れ 手術キャンセルに至る」

 

先日、右足の痺れと痛みで松葉杖をついて来院してきた男性の話です。

歩くことすらままならない、つまり坐骨神経痛様の症状です。

 

痛み止めを飲み、それでも痛くて夜も眠れない、そんな生活を送っていたそうです。

 

病院ではヘルニアが原因だと診断され、明日手術のため入院しなければならない状況でした。

 

しかし、手術をすると定年後の再雇用は出来ない、そう上司から告げられていたそうです。

 

つまり、僕がその男性の運命を握っている。責任重大なミッションに挑む事になったのです (;’∀’)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このように、足の痺れや痛みで苦しむ方は沢山います。

 

大半の方は数か月、数年ものあいだ治療やリハビリに通っているようです。

 

とても残酷です。当院に来れば・・・・・・

 

当院では坐骨神経痛様の治療は、「腰の下部」「お尻」「鼠径部の辺り」を重要視します。

 

大半は腰の下部からお尻の部分に鍼をすれば、多くは1回、長くて2~3回でクリア出来ます。

 

この男性の場合は、鼠径部、ツボでいうと「五枢:ごすう」辺りに大きくて石のように固いシコリがありました。

 

その五枢辺りに鍼をすると、とても興味深い反応が現れたため、今回記事にすることにしました。

 

まず下の図をご覧ください

 

ソース画像を表示

 

骨盤の前に「五枢」というツボがありますね。ここに鍼をすると・・・

 

患者さんが五枢の下にある「中瀆:ちゅうとく」というツボを指さして

 

「熱いっ!先生!線香の火でも当ててますか?」と言いました

 

火傷をしそうなほど熱かったようです。やはりここが怪しい!!

 

この2つのツボは「胆経」にあり、同じ経絡上にあります。

 

やはり股関節の疾患は「胆経」が重要であると改めて認識しました。

 

足が温もってくる、という反応はしばしばみられますが、これは初めてです。

 

鍼をしているうちに、この反応は消失していき、足の痺れも消えていきました。

 

やはり「五枢」あたりに原因があったようです。

 

治療後は松葉杖なしで歩いて帰り、無事に手術はキャンセルとなりました !(^^)!

 

痺れの原因が神経根の圧迫とは限らないんです!

 

もし本当にヘルニアが原因なら、五枢への鍼で症状が消えるだろうか??

 

今回のように、手術をしないと治らないと宣告された方。

 

病名を付けられ不安な生活をおくっている方。

 

色々な所に行っても治らずに苦しんでいる方が多くいます。

 

僕はそんな人たちを救い、笑顔に変えることが使命だと思っています。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

痛みや病でお悩みの方は、今すぐご連絡ください

 

Loosenの公式LINEはこちら↓↓予約が便利です

ten0657e

Loosen

電話番号 090-1920-2237
住所 福岡県田川郡糸田町3287-1
営業時間 9時〜19時
定休日 日曜日